ぎぶそんぶろぐ。

映画の感想とか、日常とか。

バイス ~Vice[vάɪs]って、ディック・チェイニーのための言葉といっても過言ではないのだ~

【タイトル】バイス   2018米

【監督】アダム・マッケイ

【出演】クリスチャン・ベールエイミー・アダムスサム・ロックウェル

【一言あらすじ】大統領よりも大統領な副大統領の話

 

 

どうも、ぎぶそんです。

少し間は空いたけど、映画の感想を書くよ。

そういえば、前回の記事で「コメントを書きに行くね」って話をして、いくつかのブログにコメントしたんだけど、やっぱり緊張するわ(笑)

なんか笑いを取りに行ってスベったら嫌だし、堅苦しいコメントをするのも嫌だし

記事の感想を書いて的外れな内容になってしまったら「なんやこいつ」って思われそうだし

でも、コメントしに行くんだけどね。ごめんね。

 

 

じゃあ、『バイス』の感想にいきます。

 

 

映画『バイス』あらすじ感想ネタバレ:政治界の影のドン ディック ...

 

 

評価

★★☆☆☆(★2.0):くっそ眠くなる。

 

僕は政治の世界に明るくなく、アメリカの政治のことはさっぱりです。ジョージ・W・ブッシュ政権のことは多分なにひとつ知らないと言っても過言ではないです。

ましてや、本作の主人公である副大統領のことは名前すら知りませんでした。

高校時代では社会科目は地理選択だったし、映画の舞台となる時代は自分は幼かったので。という言い訳をさせてください(笑)

 

多分、アメリカの当時の政治に詳しければ、楽しめる映画なのだと思う。随所に(ブラック)コメディ要素であると思われるシーンがいくつかあるし、演出も退屈しないように語り部が用意されていて、その語り部の最終的な役割が用意してあって、そういう観やすさがあった。

 

ただ、僕には完全に合わないストーリーだったので、なんともつまらなかった。

あと、長尺に感じた。

 

 

 

あらすじ

落ちぶれていた大学時代を経て、ディック・チェイニーホワイトハウスでのインターンに参加したことにより、政治家への道が切り開かれる。大統領ジョージ・W・ブッシュの下で、実質的に政権を握り「史上最悪の副大統領」と呼ばれた男の話。

 

 

 

この映画、というかアメリカの凄いところは過去のこととは言え、政権批判とも言える、政治的に右だの左だのに偏った映画を作れるところですよね。

そして、作るだけにとどまらず、アカデミー賞に主要部門を含む8部門にノミネートされているところだと思います。

 

個人的にアメリカの政治の動きは好きなんですよね。

政治に明るくないとは言いましたけど、政治のこと考えるのは好きです。

政治のことを考える=社会のことを考える=自分のことを考える

と思っている部分もあるので、考えなくていい、ということはないと思います。

んで、アメリカの政治の動きが好き、というのは有名人であったり、ミュージシャンであったりが、政治のことに関して言及することです。もちろん全員がそうではないですけど、政治に絡んだ発言をSNSでしたり、TVで喋ったり、政治家の演説に絡んでたりするのが良いなって思うんですよ。

まぁ、僕はアメリカの事情に詳しくないのも事実だから、もしかしたらそういう著名人は後々干されたりしているのかもしれないけど、少なくとも日本よりかは、ひとりひとりの身近なところに政治(社会)があるのかなと。それが素晴らしい。

日本はどうしても政治の話に蓋をしがちだし。あくまで僕の体感ね。

 

長々と書いたけど、この映画のすごいところはそういうことだと思う。

 

 

 

原題Viceとは

Viceって単語は単独では「悪」「悪徳」「悪習」のような意味があるんだけど、Vise Presidentってなると「副大統領」とか「副社長」という意味になるんだって。

よくできた話だよね。この映画にぴったりの英単語だと思う。

いや、ディック・チェイニーにぴったりの単語だわ。

 

ディック・チェイニーに関しても、当時の周辺政治家の顔は知らないし、どんな政治家だったのかも知らないんだけど、ディック・チェイニーを演じたクリスチャン・ベールの演技は素晴らしかった。本人に似ているかどうかは知らない。ただただ、政治家としての雰囲気であったり「Vice」感があった。

喋り方とか、口元の形の作り方が特にエエな。

 

 

 

まとめ

個人的には話は分からないし、長いし、つまんないし、って苦痛ではあったけど、内容に追いつかなくてもクリスチャン・ベールの演技が響くし

演出も面白いなってなるところが多かった。

語り担当の男の人の結末(心臓移植)とか、映画中盤で一旦、隠居するタイミングでのエンディングロールとか釣りのシーンとか、サム・ロックウェルの無駄遣いなところとか。

褒める部分は多かったけど、シナリオに僕の知識がついていかなかった。すみません。

 

 

 


クリスチャン・ベイルが激変!映画『バイス』予告編

 

 

 

鑑賞:2020.05.06