ぎぶそんの日記

メインは映画の感想記事。たまに日常のことをちょこちょこと。

ハドソン川の奇跡 ~ドキュメンタリーよりは軽く観れるよ~

【タイトル】ハドソン川の奇跡

【監督】クリント・イーストウッド

【出演】トム・ハンクスアーロン・エッカート、ローラ・リーニ

【一言あらすじ】航空機を川に着水させた男の話

 

 

 

 

f:id:gibson_2200:20170720233208p:plain

 

 

 

 感想・軽いネタバレ

 

 

評価

★★★☆☆(★3.0):実話だし、こんなもんですよ。

 

 実話をベースにした作品でして、しかもすごく実話に忠実だと思います。

尺もコンパクトで、96分。感覚的には「奇跡体験アンビリバボー」や「ザ!世界仰天ニュース」で取り上げられているVTRを観ているような感じ。

いや、それは言いすぎだけど、それぐらいラフに観れると思う。てか、実際にアンビリバボーで同じ内容の企画があった気がする。

なので、真新しいものがある訳ではなかった。

エンタメ作品ではないし、解決している話なのでミステリーやシリアス路線を走る訳ではなく、普通に観やすい映画でした。

 

 

 

もう少しあらすじ

2009年、NYを飛行中の飛行機はバードストライクにより全エンジンが停止してしまう。パイロットのサリー(トム・ハンクス)は、現場の状況から、空港に戻ることは不可能だと判断し、ハドソン川に不時着させることに。見事、犠牲者を出さずに着水させることはでき、世界から英雄と称賛されるが、国家運輸安全委員会はサリーの判断は正しかったのか、と追及してくる。

 

 

 

結局、サリーの判断は正しかったってところで物語は終わります。

まぁ、この作品に関しては結末を言っても良いと思うので、言っちゃいますね。

 

 

 

書くことねーよ

あのー、はい。

まぁ

そういう映画ですよ。

 

 

 

まとめ

面白くないわけではないです。

ドキュメンタリー映画ほど退屈ではないし、エンタメ的な映画でもないし

本当にテレビ的な感じ。

 

 

 

 

www.youtube.com

 

 

鑑賞:2017.07