読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぎぶそんの日記

メインは映画の感想記事。たまに日常のことをちょこちょこと。

スター・ウォーズ/フォースの覚醒 ~待ってましたスター・ウォーズ!BB-8が超絶かわいいぜ!~

洋画 洋画-★★★★★

【タイトル】スター・ウォーズ/フォースの覚醒    日米2015

【監督】J・J・エイブラムス

【出演】ハリソン・フォードデイジー・リドリー、ジョン・ボイエガ、アダム・ドライバー

【一言あらすじ】遠い昔、はるか彼方の銀河系での話

 

 

f:id:gibson_2200:20161117113628p:plain

 

 

今更感もありますが、やっとこさ「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」を観ました。なんだかんだ映画館で観れてなくてこのタイミングでの鑑賞となりましたが、面白かったです。

なにより、BB-8が超絶かわいいです。今までのドロイドとは違い、感情が分かりやすく、そのため愛らしいです。R2-D2も可愛いですし、ドロイドの虜になりそうです。なんかしらのグッズを買いたくなるようなマスコットではないでしょうか。

 

 

感想・軽いネタバレ 

 

 

評価

★★★★★(★5.0):新章スター・ウォーズが楽しみだぜ!

 

これね、僕のスター・ウォーズ贔屓目があるかもしれないけど、すっごい面白かったの。特に旧3部作の1作目になぞらえたようなシナリオで、BB-8が出てきて、タトゥーインのような惑星が出てきて、ダース・ベイダーのような黒い仮面(ヘルメット)を被ったシスがいて、ブラスターの光線がフォースで止まるし、ミレニアム・ファルコンも飛んでるし、ハン・ソロの軽いというか味のある台詞にニヤニヤして、ライトセーバーも出てくるし、新しいデス・スター的なものはかなりデカいし、てか、ライトセーバー扱える人多いけど、なんで?なんで?謎なんだけど!うきーーーーーーーーー!!!!!気になることがいっぱいじゃないか!

早く続編を観させてくれ!J・J・エイブラムス.....急いでくれ!

ってな具合に興奮している訳ですよ(笑)

 

 

 

もう少しあらすじ

舞台はエピソード6から30年後の銀河。ルーク・スカイウォーカー(マーク・ハミル)は姿を消していた。反乱軍のポー・ダメロン(オスカー・アイザック)はルークの居場所を示す地図を手に入れるために、BB-8とともに惑星ジャグーに降りたったが、そこで帝国軍:ファーストオーダーに襲撃される。ポーは地図をBB-8に託し、BB-8は襲撃から逃れる。

ジャグーでゴミ漁りで生計を立てるレイ(デイジー・リドリー)はBB-8を発見し、少しの間行動を共にすることに。

ポーは捕虜として捕えられてしまうが、ストーム・トルーパー:FN2187の手を借りて脱出に成功、ポーはFN2187をフィン(ジョン・ボイエガ)と呼ぶことに。しかし、ジャグーに戻ったところで、ポーとフィンは逸れてしまう。フィンが一人で放浪していると、レイとBB-8と出会うが、ここでもファーストオーダーに追われることに。

成り行きでレイ、フィン、BB-8はミレニアム・ファルコンで宇宙に逃げるのであった。

 

 

 

ダメだ。なんか全部のあらすじを書きたくなってしまう。なんか書きたいことが多すぎてやばい。このへんであらすじを書くのを止めます(笑)

 

上記でも書きましたが、エピソード4のシナリオに似た部分が多い気がします。それに対して良い印象を持つのか、悪い印象を持つのかで映画の評価は変わりそうですね。しかし、ミレニアム・ファルコンを操縦するハン・ソロ、チューバッカの2人組を観てると懐かしさもあり安心しますね。

 

 

 

魅力的なキャラクターがいっぱい

まずは、主人公のレイ。惑星タトゥーインを彷彿とさせるような惑星ジャグーに住んでおり、適度に戦えますし、宇宙船を操縦することもできます。勝気な感じで芯の強さが垣間見えます。そして、明かされない苗字であったり、彼女が待っている人とは?という謎がいくつかあり、今後の展開が気になります。

次に、フィン。ストームトルーパーとしてファーストオーダーにいましたが、意を決して逃亡しました。彼もまた出生に謎があります。

ミレニアム・ファルコンの船長ハン・ソロ。作中のハン・ソロはなんというかチャラい。しかし嫌なチャラさではなく、なんというか小憎らしい、オシャレな感じ。個人的に好きな台詞がありまして、エピソード5でレイア姫の「愛してます」に対して、ハン・ソロは「知ってたさ」と言うところが大好きなんですよ。いや、もちろん、脚本家さんが書いて、日本人が字幕なり、吹き替えなりをしたので、そういうモノなんですが、ここにハン・ソロらしさ詰まってるんですよね。

 

他にも、気になるキャラクターがいっぱいです。

アダム・ドライバー演じるカイロ・レン、冒頭ででてくるロー・サン・テッカ、ファーストオーダーの指導者、マズ・カナタは何故ルークのライトセーバーを持っていたのか?などなどなどなど。たくさん。

 

 

良かったところ・悪かったところ

良かったところはエピソード4をなぞった割には監督が違うせいか、しっかりと新しい映画として完成していました。豪華な俳優陣を据えて、これからの俳優もたくさんいて、そういう面でも嬉しいし、楽しいですね。

BB-8の可愛らしさがすごく良いです。ハマります。

スター・ウォーズの醍醐味でもある、宇宙空間での宇宙船でのやりとり、戦闘シーンもありますし、もちろんライトセーバーでの戦いもあります。旧シリーズのキャラも多く出てくるのも◎。

 

悪かったところは、シリーズ物なので仕方がないことではありますが、どうしても過去作品を観ていないと楽しめない部分があります。というか観ていた方が確実に楽しめる映画ですね。僕は過去作品を堪能しているので、楽しめたので問題なかったんですけどね。

 

 

 

 

www.youtube.com

 「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」の予告

 

 

www.youtube.com

 スピンオフ作品「ローグ・ワン」の予告

 

 

www.youtube.com

 「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」の主要キャストによるテーマソング合唱

 

 

 

 関連しているかもしれない記事

 

 

カイロ・レン役のアダム・ドライバー出演映画の記事です。

gibson-2200.hatenablog.com

 

gibson-2200.hatenablog.com

 

 

ポー・ダメロン役のオスカー・アイザックが出演している映画の記事です。 

gibson-2200.hatenablog.com

 

gibson-2200.hatenablog.com

 

 

 

あと、2作を楽しみに待ちたいと思います。

 

 

鑑賞:2016.08.01