ぎぶそんの日記

メインは映画の感想記事。たまに日常のことをちょこちょこと。

ロスト・イン・ザ・サン 偽りの絆 ~Wジョシュのロードムービー~

【タイトル】ロスト・イン・ザ・サン 偽りの絆                 米2016/日未公開

【監督・脚本】トレイ・ネルソン

【出演】ジョシュ・デュアメル、ジョシュ・ウィギンス、リン・コリンズ

【一言あらすじ】ありったけのベタなロードムービー

 

 

 

 

6月、1本目の映画です。特に観たかった映画という訳ではなく、なんとなくストックにあった映画でして、主演がジョシュ・デュアメルだし、まぁまぁ面白いだろう...。と思って観始めました。

ジャンルは犯罪ロードムービーで、車での移動と、その先々でのなんやかんやで約90分の映画です。

 

 

「lost in the sun」の画像検索結果

(日本版のポスター的画像に良いのがなかったので海外版です)

 

 

 

感想・軽いネタバレ

 

 

 

評価

★★☆☆☆(★2.0):ありきたりすぎる。

 

ベタって好きなんですよ。展開が読めたとしても安定した面白さが出せるし、安心できる。ただ、ベタだけだと面白くない。ベタオンリーだと、別の映画を観れば良くなってしまう。この映画はまさにそんな感じの映画。この映画でしか味わえないなんやかんやは一切ないです。

内容的には★1つでも問題なさそうだけど、なんとか★2つで留まったのはジョシュ・デュアメルの雰囲気があったからです。特別好きな俳優って訳ではないですが、この作品との相性は良かったですね。髭面だったり、少しぼてっとした体であったりが、好印象です。

少年の方のジョシュも、まぁ良い感じです。

 

 

 

もう少しあらすじ

米国の田舎で母親と暮らしてきた13歳の少年ルイス(ジョシュ・ウィギンス)は突然母親に先立たれ、ニューメキシコ州にいる祖父母と暮らすことに。ルイスはバスで祖父母の家に向かうはずだったが、突然現われた男性ジョン(ジョシュ・デュアメル)は自分の車でルイスを祖父母の家に送ると申し出て、ルイスは承諾する。しかし、実はジョンは刑務所を出所したばかりの元受刑者で、手持ちの現金が無いので各地のスーパーなどで強盗事件を起こし、ルイスはそれに協力してしまうが……。(wowowより)

 

 

 

公式(wowow)にも『クリント・イーストウッドが監督してケヴィン・コスナーが主演した「パーフェクト ワールド」に少々似た設定』って書いてあります。

 

 

 

書くことないや

割と細かい部分は描かれていません。

個人的には指輪のくだりが気になるんですけどね。無一文なのに指輪はずっと持っているみたいですし、なんとなくの予想はつくけど、明言されていないのはモヤモヤする。

あとは何故、ルイスの母親の元を去ったのかとかも気になる。

 

 

 

まとめ

くっそつまんねー。なんだこの糞映画。とはなりませんが、観て良かった。この映画最高ともならない映画。どっちも極端な意見ですが、本当にそうだと思う。というか、どっちかと言うとつまらん。

ただ、なんとなく観れるのはジョシュ・デュアメルの雰囲気やロードムービー特有の美しい風景とかがあるからだと思います。

 

 

 

 

予告動画見つけれなかった。

 

 

鑑賞:2017.06.08