ぎぶそんの日記

メインは映画の感想記事。たまに日常のことをちょこちょこと。

グランド・イリュージョン ~マジックで魅せる映画~

【タイトル】グランド・イリュージョン

【監督】ルイ・ルテリエ

【出演】ジェシー・アイゼンバーク、マーク・ラファロモーガン・フリーマン

【一言あらすじ】マジックで悪人退治する話。

 

 

 

映画のタイトルは知っていたのですが、なかなか観る機会がなくて、ようやく観ることができました。観てみたらビックリしたんですけど、結構豪華な俳優陣じゃないですか?上記の出演部分に書いた3人のことが好きなので、観れて良かったです(笑)

 

「グランドイリュージョン」の画像検索結果

 

 

感想・軽いネタバレ

 

 

評価

★★★☆☆(★3.0):ずっとテンポが良かったらもっと良かった。

 

要所要所のテンポが良くて面白かったです。

テンポが良かったのはイリュージョンシーン。タイトルにもあるぐらいなので魅せます。

と、同時に思ったのはオーシャンズシリーズっぽさがありました。

それを「オーシャンズっぽくってイイ!」となるか「オーシャンズのパクリじゃん!」となるかで評価が分かれそう。

 

この映画はイリュージョンシーンの見栄えが良すぎて、他のシーンが相対的に退屈に思えちゃう。そこが少し損している気がする。でも、別につまらなくないんだよ。

全体を通して、バランスよく作られていると思います。

 

 

 

もう少しあらすじ

ダニエル・アトラスら4人の男女で構成されたマジシャンチーム“フォー・ホースメン”がラスベガスでショーを行うのと同時にパリの銀行から金を盗み出すという大技を行う。FBI特別捜査官のディラン・ローズとインターポールが彼らの犯罪を阻止しようとするが、失敗して途方に暮れ、マジックの種明かしの名手サディアス・ブラッドリーに助けを求める。(Wikioediaより)

 

 

ちょっとめんどくさくなったので、ウィキからパクってきました。

イリュージョンのシーンは圧巻です。自分も映画の中の観客と同じように驚いてました(笑)

4人とも担当が違い、主人公のダニエル(ジェシー・アイゼンバーク)はマジック全般。他の3人はメンタリストであったり、脱出のプロだったり、カードマジックなどの手先の器用さをウリにしていたり、なかなか面白かったです。

 

 

 

メリハリは良いけど...

イリュージョンをしている部分はもちろん良いです。

ただ、他の部分で失速します。

加速して、失速して、加速して、失速してみたいな感じ

加速している分、失速しているように観えてしまうだけで、実際は面白いエンタメ映画に仕上がってる。なんとも勿体ない。

 

 

まとめ

面白かったです。

映画とは分かっていても、マジックの部分を観ていて、「どうなってるんだ!?」って口にしちゃうほどです(笑)

エンタメ的で言えば、すごくオススメです。

 

 


10/25公開映画『グランドイリュージョン』MOVIX用特別映像(コメント+予告)

 

 

 

鑑賞:2017.7月某日