ぎぶそんの日記

メインは映画の感想記事。たまに日常のことをちょこちょこと。

スター・ウォーズ/最後のジェダイ ~待ってましたスター・ウォーズ!ポーグが超絶かわいいぜ!~

【タイトル】スター・ウォーズ/最後のジェダイ

【監督】ライアン・ジョンソン

【出演】マーク・ハミル、アダム・ドライバー、デイジー・リドリージョン・ボイエガ

 

 

2018年、一発目の映画は映画館で観てきました。スター・ウォーズシリーズ最新作です。年明けの前に映画館に行こうかなぁと思っていましたが、なんとなく行きそびれてしまって、1/2に鑑賞してきました。

やっぱりワクワクしちゃいますよね。スター・ウォーズって作品は。

その感想を書こうと思います。

 

 

 

「スターウォーズ 最後のジェダイ」の画像検索結果

 

 

 

感想・軽いネタバレ

 

 

 

評価

★★★★☆(★4.0):あのテーマソングが流れただけで感動する...。

 

本編シリーズ前作の「フォースの覚醒」は劇場で観ることができなくて、家で鑑賞したんですけど、映画館の音響でスター・ウォーズのテーマを聞くって....イイネ(笑)

いやー、なんつーか、壮大な音楽が流れて「あぁ、スター・ウォーズを観てるんだなぁ」とか思っちゃったりしました。目がうるうるしちゃいました。

んで、評価自体は「フォースの覚醒」を甘くつけたこともあり、今回は★4.0です。

今回は新シリーズ2作目ということで、映画が内の動きが大きくなっています。これは前シリーズらと同じような構図ではないでしょうか。

というのも、スター・ウォーズって、ライトセーバーが有名ですけど、その有名具合に比べたら、作中で扱われる頻度って少ないような気もするんですよね。と、同時にライトセーバーを使った闘いのシーンも、多分観たことない人が思っているより少ないと思うんですよ。

で、各世代シリーズの1作目(「新たなる希望(ep4)、ファントム・メナス(ep1)」)って、バトルシーンが特に少なめな印象でして、それ以降にバトルシーンが多くなっていく気がするんですよね。今シリーズもそんな感じで「フォースの覚醒」ではライトセーバーの闘いシーンは少なめだったんですけど、「最後のジェダイ」では結構闘ってくれます。カッコいい...。

 

 

 

もう少しあらすじ

レイ(デイジー・リドリー)はルーク・スカイウォーカー(マーク・ハミル)を訪ね、レジスタンスのレイア将軍(キャリー・フィッシャー)の元に戻るように説得するが、無視されてしまう。諦めずに食い下がるっていると、ルークが折れ、レイの修行を始めることを決心する。

その一方、レジスタンスは帝国軍との戦いで疲弊しきっていた。戦況を打破すべく、フィン(ジョン・ボイエガ)と整備士のローズ(ケリー・マリー・トラン)はキーパーソンとなる人物を探すことになるが...。

 

 

 

今回も軸がいくつかある感じで進んでいきます。多分3つ?

んで、最終的に1つにまとまって終わり。という流れです。

群像劇、とまでは言いませんが、今作でレイとフィンが共演するのはラストの方だけですし、フィンに関してはポッと出の整備士と冒険します。

一番、動くのはレイですかね。まぁ主人公ですので、ルークとも過ごしますし、敵であるカイロ・レン(アダム・ドライバー)とも行動します。

 

 

 

今回、割とネタバレ多いかもです。気を付けて。

 

 

 

文句

で、今回は割と文句があるんですよね。

それを一言で言うと...

フォースってそんなに便利なのか!?

んー。さすがにフォースを万能能力にしちゃうのはいかがなものか?と思いますけどね。今作ではやりすぎな面が多すぎると思います。元々、万能でしたけど。

僕の中での最強のジェダイヨーダなんですよ。もしくはオビワンと思っている。そんな中、今シリーズから出てきた、レイやカイロ・レンがフォースでそんな大技を使っていいのかと疑問。なんつーか、シナリオを進めるために、フォースを便利にしすぎ、後付けによってレベルアップしすぎな気がします。というか、しすぎ。

 

スター・ウォーズの主人公たちって結構負けてるんですよ。

もっと言うなら、ジェダイってシスに負けてるんですよ。

それなのに...それなのに.......レイ、強すぎない?

まぁ、そんなこんなで、ある意味今までのスター・ウォーズとは違うぜ感がそういう部分にも現れています。

 

 

 

文句2

これは文句って言うよりかは、今作の新設定みたいなものに文句を言う感じなので、なんつーか、好きになれなかった要素なんですけど、

 

フィンが新しい相棒と一緒にある人物を探すことになるんですが、その相棒が気に食わない。

観ていて思った。。。「お前誰だよ。」

なんか、観ていて不愉快になるぐらいのキャラ設定で萎えた。

整備士要素なし、フィンにいきなりの攻撃、なんか姉妹だか友人だか知らないが妙な描写を入れる、自分の住んでいた街はどうのこうの、どれもこれもイラネェ。

しまいには、フィンの計画の邪魔をし、レジスタンスを壊滅させようとする。

 

そして、個人的に一番、重要なのは、スター・ウォーズにアジア系の容姿の人物は全く持って不要だ!!!

これはまぁ、偏見の塊ではあるけど、スター・ウォーズには不要ですよ。でもね、これが1流女優を使ってても邪魔だよ。キャラとして要らない。

 

 

 

昔からのファンには嬉しいことが!

僕は歴代シリーズを何度も観ていまして

・ルークとR2-D2の会話シーン

ヨーダが登場するシーン

・ルークが消えてしまうシーン

などで感動しちゃました。

特にR2とのシーンが一番来た。卑怯だぞ。笑

 

 

 

まとめ

僕が言いたいのは、こんだけ文句が出るのに、★4.0をつけちゃうくらい、僕がスター・ウォーズに甘いってことと、そんだけ文句がありながら、次回作を楽しみに待っているということです。

そして、僕をそんな風にしてしまう魅力がスター・ウォーズ シリーズには詰まっているということですね。はい。

 

 

 

記事のサブタイトルについている、ポーグというのは、新キャラでして、可愛いんですよ。

 

「スター・ウォーズ/最後のジェダイ ポーグ」の画像検索結果

 

こいつです。

きゃわわ。

 

 

 


「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」本予告

 

 

 

gibson-2200.hatenablog.com

 

 

鑑賞:2018.01.02