ぎぶそんの日記

メインは映画の感想記事。たまに日常のことをちょこちょこと。

ベイビー・ドライバー ~クライムカーチェイス×恋愛×音楽のいいとこどり!~【感想・軽いネタバレ】

【タイトル】ベイビー・ドライバー

【監督・脚本】エドガー・ライト

【出演】アンセル・エルゴートケヴィン・スペイシー、リリー・ジェイムズ

【一言あらすじ】音楽大好き凄腕ドライバーの話

 

 

 

今月、2回目の映画館に行ってきました。

ベイビー・ドライバー」を観てきました。なんか話題ですよね。体感では人気映画な印象です。個人的に、アンセル・エルゴートが好きなので、観に行ってきました。初単独主演映画かと思います!

 

 

「ベイビー・ドライバー」の画像検索結果

 

 

感想・軽いネタバレ

 

 

 

評価

★★★☆☆(星3.0):音楽とアクションの融合がすごい!

気持ち的には★4.0に近い★3.0って感じ。

久しぶりに面白いエンタメ映画でした!誰がどんな相手と観ても楽しめるタイプの映画で、面白かったです。ここまでアクションシーンと音楽を上手に融合させた映画はなかなかないのではないでしょうか?映画によっては一部のアクションシーンで音楽を多用することはあると思います(パッと思い浮かぶのはキングスマンとか?)。この映画はミュージカル映画ばりにアクションシーンで音楽、日常パートで音楽、恋愛パートでも音楽。これでもかって音楽満載です。けど、さりげなく。さりげなく、ってのはあくまで登場人物は歌ったりしない。そこがミュージカル映画とは違うところ。なんつーか、あくまで聞いてるだけ、みたいな。

 

 

主演のアンセル・エルゴートなんですが、すごくイケメンって訳ではないと思うんですよ。いや、イケメンなんですけど、他のイケメンとは違って、ポテっとした可愛さを含んだイケメンなんですよ。んで、それが、今回の役どころに合ってるんですよね。恋をしてる雰囲気も似合うし、サングラスをして運び屋をやってるシーンも似合うし、逆境の中に立たされたときの雰囲気、悪いことをしている中で躊躇しているシーン、外界との関わりを少なくしている様子など、すごく万能な顔立ちで好きなんです!

 

俺、男だけど、アンセルの唇が好きなんです!

ごめん、ちょっと嘘(笑)

それぐらい、注目している俳優です。

 

 

 

もう少しあらすじ

犯罪組織の凄腕逃がし屋として有名なベイビー(アンセル・エルゴート)は音楽を聞きながら車を運転する。幼少期の事故が原因で耳鳴りが止まらない彼はiPodで好きな音楽を聞いているときだけは耳鳴りを止めることができ、天才的なカーテクニックを発揮する。

そんなベイビーはデボラ(リリー・ジェイムズ)に一目惚れし、そのタイミングで犯罪から足を洗おうとするが、ボス(ケヴィン・スペイシー)に腕を買われているベイビーはデボラを脅しの材料に犯罪に手を貸すことを強要される。

 

 

映画の大筋はベタだと思うんですが、音楽を聞きながら運転するってのが新しいよね。しかも、耳鳴りの設定を入れることで日常パートでもイヤホンをしていて常に音楽がスクリーン上で流れていることになる。

少しだけミュージカル感もありながら、手話で会話するシーンもあったり、恋をしたベイビーは雨に唄えばダンスもします。けど、あくまでもさりげなく。

 

「雨に唄えば」の画像検索結果

こんな感じ

 

最近で言うならば

ラ・ラ・ランドぽさもなくはないと思う。ワンカットが長いシーンもあったりして、そういう風に思われても仕方ないだろうなぁって感じ。

他にも、ぽいシーンはあるし。

 

 

 

粗はある

カーチェイスシーンが続いて、勢いがあったのを日常パートに移ると少し勢いが殺されてしまうのが勿体ない。まぁ、アクションシーンの後だから仕方ないと言えば仕方ないけど、どうにか工夫して勢いを殺さないようにしてほしかった。ほんの少しだけ中弛みを感じた。

その工夫としてベイビーを雑踏の中をで歩かせているんだろうけど、もう少し台詞なり動きなりが欲しかった。街中の音がベイビーが聴いている音楽とマッチングしていくのは楽しかったけどね。

 

また、登場人物の行動に納得がいかない部分もちょいちょいあった。特にヒロインの行動にはついていけなかった。順応性が高すぎてビックリです(笑)可愛いから許すけどね。

 

音楽に合わせたアクションシーンとかは面白かった。洋楽に精通している人だと、もっと面白く感じると思う。ぜひ、アッパーな洋楽が好きな人には観てほしい映画ですね。

 

 

 

なんで★4つ以上じゃないのか

映画を観て、思い返してみると、あのシーン良かったなぁ、とかあの音楽とアクションシーンの組み合わせは良いね。とか思うんだけど

シナリオが普通の展開すぎて、少しげんなりしたことと

悪役に魅力がないことで気持ちの盛り上がりに欠けた。

映画を観ている最中、シナリオにワクワクしなかったんです。

 

良かったのは音楽×アクションシーンって感じ。シナリオではない。

演出と設定が好き。

シナリオは普通。

 

 

まとめ

エンタメとしては最高ですよ!観やすい映画で、デートとかにオススメと思います。

洋楽が好きなら、面白さ倍増!

さらに言えば、予告編や公式で公開されている冒頭6分の本編映像を観ないで劇場で観ることです。それらを観ちゃうと、劇場での感動が薄れます。

予告編までは観て良いけど、冒頭6分のやつは観ないでね。

 

僕は映画はシナリオ派なんだなぁと実感した映画でもあった。

 

 


映画『ベイビー・ドライバー』予告編

 

 

 

 

 

gibson-2200.hatenablog.com

 

「きっと、星のせいじゃない。」でアンセル・エルゴートを好きになりました。

 

 

鑑賞:2017.08.20