ぎぶそんの日記

メインは映画の感想記事。たまに日常のことをちょこちょこと。

グランド・イリュージョン 見破られたトリック ~ごちゃごちゃ考えずに観てください。~

【タイトル】グランド・イリュージョン

【監督】ジョン・M・チュウ

【出演】ジェシー・アイゼンバーグマーク・ラファロモーガン・フリーマン

【一言あらすじ】カードアクションが見どころ!

 

 

 

7月の終わりのころに観たのに、記事を書いてなかったので、やっつけ簡単ではありますが、感想記事を書きたいと思います。

 

 

「グランドイリュージョン 見破られた」の画像検索結果

 

 

感想・軽いネタバレ

 

 

 

評価

★★★☆☆(★3つ):前作から正当進化しています!

 

正当進化している割には★の数が増えたわけではありません。ただ、2作目を観たあとで1作目の評価をするのであれば、1作目普通の★3つ、2作目は★4つ近い★3つ。こんな感じ。

1作目の記事で、イリュージョン部分は勢いがあるが、それ以外の部分で失速したように感じた。

みたいなニュアンスのことを書いたのですが、今回はその失速部分が少なくなっていて、レベルの高いエンタメ映画になっていました!

これはあれこれ考えずに観れる面白い映画です!

 

 

 

もう少しあらすじ

1年以上の潜伏を経て、フォー・ホースメンが再び動き出す。

今回のターゲットは大手IT企業オクタ社。オクタが主催するイベントを乗っ取り、携帯電話事業に隠された社の陰謀を暴き出すのが目的だ。ところが、ホースメンが会場に姿を現した時、そのイベントはさらに別の何者かにより乗っ取られてしまう。ホースメンは会場から脱出すべく緊急脱出用シューターに飛び込むが、出た先はなんと遠く離れた中国・マカオ。困惑するホースメンの前に、死亡したはずのオクタ社の共同経営者ウォルター(ダニエル・ラドクリフ)が現れ、ある取引を持ち掛けた。(wikipediaより)

 

 

やっつけなので、wikioediaからパクってきました。

前作から引き続き圧巻のイリュージョンシーンは健在です。

まぁ、CG全開ではありますが、エンタメ映画なので、それはそれで面白いです。

 

 

 

マンネリ打破のために

前作と似たような内容ではありますが、マンネリ化を避けるためにアクション要素を多く入れてきました。もしくは謎解き要素というか、観客も少しは考えれる余地というか。

さらに、イリュージョンともアクションとも違う、でも、イリュージョン要素担当のシーンは面白かったです。

個人的にはコメディってて好きです。

 

 

 

まとめ

前作から正当進化していると感じました。スケールダウンはしていません。

でも、1作目にハマってない場合、2作目もハマれないでしょう。

イリュージョンにしても、カードアクションにしても、ありえない感じのものです。つまり、CGが多用されています。恐らく。そこが好きになれない場合、評価は下がりそうですね。

 

 

 

 


『グランド・イリュージョン 見破られたトリック』予告編

 

 

 

2017.7月某日