ぎぶそんの日記

メインは映画の感想記事。たまに日常のことをちょこちょこと。

ロンドン・ロード ある殺人に関する証言 ~そんな事件があったんだぁ。...で?~

【タイトル】ロンドン・ロード ある殺人に関する証言

【監督】ルーファス・ノリス

【出演】オリビア・コールマン、トム・ハーディ

【一言あらすじ】トム・ハーディ詐欺。

 

 

 

6月3本目は、「ロンドン・ロード ある殺人に関する証言」です。

実際に起こった事件を題材にした作品で、約90分のコンパクトな作品です。トム・ハーディが出ているのを期待して観ると、2分くらいしか出てないのでガッカリします。

もし、トム・ハーディを目当てにしている方は気を付けてください。

 

 

「ロンドン・ロード ある殺人に関する証言」の画像検索結果

 

 

 

感想・軽いネタバレ

 

 

 

評価

★☆☆☆☆(★1.0):やっぱりミュージカル映画は無理。

 

観るまで知らなかったんですが、ミュージカル映画でした(笑)

実際に起こった事件を題材に、スリラーミュージカル映画に仕上げた作品になります。

僕はミュージカル映画が苦手なんですが、その要素を抜いても、映画自体がつまらなかったです。まぁ、ミュージカル映画からミュージカル要素を抜いてしまったら、作品として成立しなくなりそうだけど、仮に抜いたとして、その後に残るものが皆無に等しい。なんとも観終わった後に何も残らない映画でした。

 

この映画は解決した事件を題材にしていますし、事件そのものに謎があるタイプの事件ではないので、事件そのものを映画にするには題材としてボリューム不足なんだと思います。なので、この映画は事件+αまでを映しています。

 

 

 

もう少しあらすじ

2006年、英国で売春婦連続殺人事件が発生する。事件は解決するものの、事件の影響により、地元の印象が悪くなってしまった。町の再興を図るために、住民たちは立ち上がる。

 

 

ね。題材のボリューム不足でしょ?

このあらすじを90分にするのは無理なんですよ。映画の尺を増やすためにミュージカル要素を入れた印象。んで、元の濃度がないのに、他の要素で薄めっちゃったもんだから映画の中身が空っぽ。

ミュージカル要素を入れて向上したものがなくて、むしろ魅力ダウンしました。

 

 

 

トム・ハーディの名前を使うな

僕はトム・ハーディを好きなわけではないです。最近、有名になってきましたので、なんとなく出演しているとなると、観たくなりますよね。順番的にも2番手、3番手くらいに名前があるし、いっぱい出るのかなぁとか思っていたら全然でないじゃん(笑)ビックリしました。

 

2場面で出てきますが、1場面目は歌います。ミュージカル映画なので、ポツリポツリと歌います。2場面目は喋りません。画面に映るだけでした。出演、終わり。

 

 

 

まとめ

ミュージカル映画が苦手な人にはオススメできません。

映画の題材的にもハズレ。トム・ハーディ目当ての人にとってもハズレ。

どういう人に観てもらいたいのか不明。

どう観ても面白いという感想は出てこないと思う。

仮に出てきても純粋に映画の内容にではなく、演出であったりする

メインのストーリー外での要素だと思う。

 

 

 

 


LONDON ROAD Trailer | Festival 2015

 

 

 

鑑賞:2017.06.14