読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぎぶそんの日記

メインは映画の感想記事。たまに日常のことをちょこちょこと。

梅雨入りしたのかな?

映画

最近は良い感じのペースで映画を観れている気がします。嬉しい。

 

たくさん観ている訳ではないですが、少ない訳でもなく、「良い」感じで観れている気がするのです。よーわからんけど。

 

そういえば、前回書いた「ビューティフル・マインド」の感想記事から個人的な評価を★の数でつけ始めました。今までは100点満点中〇〇点みたいな感じでつけてて、それより前は特に数値化はしてませんでした。数値化っていうのは難しいと常々思っていまして、インフレ化が付き物だと考えてますから。

 

星で評価し始めたことで、なんとなく記事がカッコ良くなった気がします。

気がするだけかも。それでもいいや。

僕のテンションが上がるのは良いことです。僕にとって。

 

僕の点数評価は5点刻みでした。んで、確か50点以下を付けた記憶がないんですけど、未だに低評価を付けるのに躊躇しちゃうんですよね。しかも、100点満点の5点刻みだと、評価の振れ幅がありすぎて、なんとなく嫌になっちゃいまして...

 

もう少しアバウトに点数を付けても良いかなって思いまして、そうなると★の数が便利かなぁって思い始めて、6月から★の評価を始めました。「ふたつの名前を持つ少年」は5月に観た映画なので、点数評価なんですけどね。

 

★3.0が平均のつもりです。小数第1位まで表記しているのは、今後、0.5単位まで点数を付けるかもしれないから。なるべく避けたいけど。まぁやむを得ない場面まで取っておく。あとは、数学的に、物理学的に、見た目的に、「.0」表記はオシャレな雰囲気があるよね(笑)

んで、早速だけど、ビューティフル・マインドの評価で★4.0は微妙な感じなんだよね。★3.0でもよかった気がするし、★3.5でもよかった気がする。面白かったし、盛り上がりに欠けたけど、うーん。また、映画評価の深さに悩み始めてる(笑)

 

★3.5はまじで避けたいけどね。笑

 

てか、今までの記事をざっと見返して★で評価してたとすると

 

her/世界でひとつの彼女」「プールサイド・デイズ」「セッション」この3作品は多分★5.0なんですよね。てか、★5.0+って感じ。それぐらい面白かった。まぁ、印象に残ってるんだよね。

ここで問題があるんだけど、上の3作品を★5.0だとすると、「ビューティフル・マインド」の★4.0は違和感がある。★1.0以上の差があるように思えてしょうがない。

他の作品にも★を付けてみると

「ウォールフラワー」「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」「2番目のキス」このあたりが★4.0かな

そうすると、「インターステラー」「アバウト・タイム~愛おしい時間について~」「あと1センチの恋」「オデッセイ」「きっと、星のせいじゃない」このあたりは★4.0より面白いんだけど、★5.0まではいかないんだよね。

ってことは、★5.0評価の作品は★5.0+にしてあげるバランスが良いのかもしれない。

0.5刻みは最終手段な気がする。てか、0.5刻みにすると、評価幅が増えすぎて、点数制と似た感じになりそう。

 

★0.0→「.....」

★1.0→観て損した

★2.0→つまんない要素多

★3,0→普通に楽しめた

★4.0→おもしろい要素多

★5.0→オススメ!

★5.0+→個人的に最高だぜ!

 

こんな感じ。どう?

どう?って誰に聞いてんだよ、ってね。

これでも7段階評価になっちゃうのか。多いね。学生は5段階評価だからなぁ。

★0.0はなくてもいいか。どうなんだろ。まぁ、あったとしてもよっぽどじゃないと★0.0とかにならないだろうから存在だけは許してもいいのかもしれないな。

 

ここで大事になるのが★3.0の使い方だと思う。「平均」というと何となく気持ち的にマイナスな印象を受けるんだけど、『普通に「楽しめた」』ってのが大事なんじゃないかなってね。面白いの基準を★4.0にしてしまうと、上限が基本的に★5.0だけになっちゃう(★5.0+は個人的な意見込々なので除外)から、★3.0をたくさん出したい気がする。どうかな?.....だから誰に聞いてるんだよ。

 

★3.0と★4.0(と★5.0)の違いをもう少し追求したいよね。

というのも、面白くない映画にはそんなに差を付けなくても良いと思ってるんですよ。100面白くないと50面白くないって言うのは「面白くない」という観点で同じじゃん?

なんていうか、美味しくない料理も食べたくないし、くっそ不味い料理も食べたくない。

つまり、どっちも食べたくない。この感覚分かりますか?なので、面白くないならざっくり「面白くない」で良いんだけど、「面白い」観点でいうとどのくらい面白いか(面白かったか)ってのは自分のためにとっておきたい部分もあるので、どうせならどれだけ美味しかったかの方はなるべく細かく残しておきたいよね。

 

なので、★3.0は「普通に楽しめた」にした方がいいのかなぁ。的な。

 

まぁ、ブログなんて全世界に向けた自己満、それこそオナニーみたいなもんじゃん?(違うかもしれない)

そんなものをここまで悩んでもしゃーない気もするけど

悩んじゃうめんどくさい人間なのです。

悩んじゃうのは嫌いじゃないし。悩みってのは生きている人間の特権だよね。

って少女漫画の登場人物も言ってましたし。

 

 

そして、なにかとめんどくさい梅雨に入ろうとしています。

僕が住んでいる地域は梅雨入りしたのかな?どうなのかな?

 

今日は暇なので、長い記事になってしまいました。

今からなんかしらの活動をしてみようと思います。

 

 

 

......やっぱり、ビューティフル・マインドは★3.0だったかなぁ(笑)