読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぎぶそんの日記

メインは映画の感想記事。たまに日常のことをちょこちょこと。

少女が大人に変わる夏 ~大人というよりはめんどくさい女の子になりました~

洋画 洋画-★★☆☆☆

【タイトル】少女が大人に変わった夏      米2013

【監督・脚本】ナオミ・フォナー

【出演】ダコタ・ファニングエリザベス・オルセン、ボイド・ホルブルック

【一言あらすじ】少女は親友のこと、恋人のこと、家族のことで悩んで大人になったりならなかったり。

 

 

f:id:gibson_2200:20161117112644p:plain

 

久しぶりに映画を観ました。今回の主演はダコタ・ファニング。個人的には好きではない女優です。アイ・アム・サムのときは純粋に可愛かったのですが、宇宙戦争のときはクッソうるさくてウザかった(笑)その印象のせいか、なんとなく好きになれません。

 

この映画はジャンル的には青春モノです。しかし邦題的な展開はあんまりありません。正直、裏切られました(笑)というのも、「少女が大人に変わる夏」って聞くと、エッチな展開を期待しません?いや、いやらしい意味ではなく、いい意味でのエッチさ。というか上品なエッチさ。そういうのが欲しかったのになぁ。と、ちょっと残念。

 

 

 

評価

100点満点中55点

 

いや、くっそつまんないって訳でもないんだけど、気にかかるシーンもなかったし、気になるセリフもなく。邦題のようにちょっとだけ大人になっていく話。

...ではなく、「大人」ではなく「めんどくさい思春期の女」になる。というか元々その素質がある女の子の話って印象。

設定はベタだし、SEXシーンもおっぱいは見えないです。健全な女の子らしく、パーリピーポーも出てこないですし、ぶっとんだ人間はいません。そう言ってしまうとリアル路線なのかもしれません。でも、うーん。

 

 

 

もう少しあらすじ

大学進学が決まってるリリーとその親友ジェリーは高校最後の夏休みを過ごしていた。2人はこの夏に「大人」になることを決める。その内容は「初体験」を済ませること。ジェリーが好きになった青年デヴィッドと付き合うことになり、「初体験」までしてしまったリリーはジェリーにそのことを言えずにいた。また、リリーは両親のことでも悩みを抱え込んでいた。

 

 

そんな感じです。

なんかどっちつかずのシナリオ。エッチなラブロマンスでもないし、親友との友情物語でもないし、家族愛の話にもならない。そういう3つの要素をつまみ食いしつつ、ティーンの女の子、大人になりたい女の子の夏を映していきます。

 

 

 

大人というよりはメンヘラな感じ

これは僕のダコタ・ファニング宇宙戦争なイメージのせいだとは思うんですが、大人に変わるというかメンヘラ気質がめんどくさい。そこが鼻につくかつかないかで評価変わると思う。僕は駄目でした。

 

個人的には作中でリリーの上司役でピーター・サースガードが出てきたので、上司との大人なエッチ路線あるんじゃね?って思ったのですが、そんなことはありませんでした。「17歳の肖像」的な映画を期待しましたが、そんなことありませんでした。笑

 

 

 

よかったところ

リリーの親友ジェリーは音楽を志しているらしく、バーみたいなところで弾き語りをします。そのシーンはなんだかよかったです。歌が良かったからかな。

 

 

 

わるかったところ

中途半端なのが勿体ない。邦題負けしてるかなという印象。

ジェリーの家に事件が起きますが、いきなりすぎてポカーン。多分リリーの家との比較対象だったりするんだろうけど、肝心のリリーの家族がちょいちょいしか出てこないし、そもそもどんな家族構成で、どんな家族なのかの説明がないから比較しようにも...ってなります。

ダコタ・ファニングは駄目な感じで年を重ねたのかも。海外の方は劣化の仕方がちょっとね。不細工ではないけど。

 

 

 

www.youtube.com

 

 

 

ダコタ・ファニングアイ・アム・サムと17歳のエンディングノートくらいがおすすめかな。というかそれぐらいしか印象に残ってない。

ピーター・サースガードは結構好きな俳優です。おすすめは17歳の肖像、エスターなど。

17歳の肖像キャリー・マリガンがかわいいのでぜひ。

 

 

鑑賞:2016.05.20