読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぎぶそんの日記

メインは映画の感想記事。たまに日常のことをちょこちょこと。

うるう年とポケモン、そしてアカデミー賞(3者に関係はないです)

うるう年の話

 

常々、疑問に思っていることがあります。

それは、2月29日に生まれた人ってうるう年じゃない年は2月28日と3月1日どっちでお祝いをするのか。

ということです。

僕はうるう年生まれなんですが、同級生とかに2/29に生まれた人がいなくて、ずっと疑問に思っていたので、調べてみました。

 

戸籍上はやっぱり2/29生まれになります。まぁこれは当たり前ですよね。

平年に関してのお祝いなどは2/28になるそうです。と、言うのも2/29の「2月の末日」とか「2月」ということに重きを置くみたいで、そういう観点からいわゆるみなし誕生日は2/28になるみたいです。

 

人はいつ年を取るのかってことも書いてあったので、これも書いておきます。なんか年の取り方って法律で決まっていて、生まれた日の前日が終わる瞬間に年を取るらしいです。つまり10月10日生まれの人が年を取るのは10月9日の24:00ということ。いまいち分からないんだけど、10月10日の0:00じゃダメなのか?と思ったんですが、それだと2/29が4年に1度しかないので、2/29生まれが年を取れなくなっちゃうだね。よくできてるなぁ。感心。

免許の更新なんかはうるう年に更新する場合は期限は3/29までで、平年に更新する場合は3/28までになるそうです。なんとも厄介な...

まぁ、ギリギリに更新しなければ良い話なんですけどね。

 

 

 

ポケモンの話

 

先日、2月27日にポケモンのゲームが20周年を迎えました。

 f:id:gibson_2200:20160228163140j:plain1996/02/27発売

 

懐かしいですね。僕は緑版を買いました。なんとなく選んだんですが、周りは赤が多かったイメージです。次作の金銀では金を選んで、周りは銀が多かったイメージです。なんか流行と逆行していた気がします。ルビー、サファイアはルビーを選んだのを覚えてる。これは大体半々くらいの所持数だったかなぁ。

 

20周年を迎えた日にバーチャルコンソール版にて赤緑青ピカチュウの4作品が遊べるようになりました。

また、海外では発売済みであった2DSが各ソフトを1つずつプリインストール状態で販売されることに。

20代半ば以降の人には懐かしいスケルトンカラーで心くすぐられます。

 

f:id:gibson_2200:20160228164618j:plain  f:id:gibson_2200:20160228165047j:plain

 

いやー、今見ると少しださいかもw

けど、スケルトン流行りましたよねー。GBCや64とかね。持ってたよ。てか、まだ持ってるよ。

そんな僕は3DSを持っていません。XとY、オメガルビーアルファサファイアとプレイできてないんですよね。

そもそもブラック2とホワイト2もプレイしてないです。

なんか20周年と聞き、ポケモン熱が再燃してきて、3DSの購入を考えています。

バーチャルコンソール版の赤緑青ピカチュウができるようになったことで、3DSで全シリーズができるようになったのも魅力ですね。(ファイアレッドリーフグリーンやオリジナルの金銀やクリスタル・エメラルドのようなものは除きます)

 

そして、そして、ポケモンの完全新作が発表されました。

 f:id:gibson_2200:20160228171301j:plain

これです。なんかワクワクしますね。

2016年の冬に発売予定です。

 

これを機にポケモンにまたのめり込んでみたいなぁ。

3DSを買って

バーチャルコンソールで赤緑青ピカチュウ

ハートゴールドソウルシルバー

オメガルビーアルファサファイア

ダイアモンド・パール

ブラック・ホワイト、ブラック2・ホワイト2

X・Y

をやりつつ完全新作のサン・ムーンを待ちたいなって思っています。

まだ思ってるだけだけどね。

 

 

 

アカデミー賞の話

 

本日、2月29日はアカデミー賞の授賞式です。でした。 

 

僕的に一番盛り上がったのは、主演男優賞レオナルド・ディカプリオが受賞したことです。

いやー、今まで、何度もノミネートされながらも受賞を逃してきたレオ様がとうとう受賞しました。

なんか嬉しいですね。

 

 f:id:gibson_2200:20160229142445j:plain

 

 


映画「レヴェナント:蘇えりし者」予告1(150秒)

 

作品自体で言いますと、

作品賞・監督賞・主演男優賞・助演男優賞・音響編集賞・録音賞・撮影賞・美術賞・メイクアップ&ヘアスタイリング賞・衣装デザイン賞・編集賞・視覚効果賞

計12部門にノミネートされています。(ちなみに第88回アカデミー賞で最多)

 

そしてその中から

 

監督賞 / アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ

主演男優賞 / レオナルド・ディカプリオ

撮影賞 / エマニュエル・ルベツキ

 

部門での受賞になりました。

 

個人的な盛り上がりpart2で言うと

 

歌曲賞を『007 スぺクター』の Writing’s on the Wall / サム・スミスが受賞したのは嬉しかったですね。

個人的にカッコいい曲だと思っていて、映画の雰囲気とも合っていて好きです。

まだ見てないけど。笑

 


Sam Smith - Writing's On The Wall (Live On The Graham Norton Show)

 

これですね。

かっこいい...

 

 

 

 

バタバタとした記事になりましたが、このへんで。

いやー、本当にレオ様おめでとう。