ぎぶそんの日記

メインは映画の感想記事。たまに日常のことをちょこちょこと。

インターンシップ ~Googleで働きたいと思った。~

【タイトル】インターンシップ   米2013/日未公開

【監督】ショーン・レヴィ

【出演】ヴィンス・ヴォーンオーウェン・ウィルソン

【内容】アナログ中年セールスマンの2人がハイテク最先端とも言えるGoogleで若者に交じりインターンシップする話。

 

 

 

なんとなーく、映画を観る気が起きなかった12月。ただ、ディスクをレコーダーに入れちゃえば観ちゃうもんですね。今回は中年のおっさんが無謀にもGoogleインターンシップに行くお話です。

感想に入る前に言っておきたいんだけど、この作品は日本では劇場未公開となってまして、DVDスルーなんですね。個人的には劇場で公開しても良い作品だと思いました。

舞台が「Google」で分かりやすいし、中年おじさん2人組と周りの若者とのやり取りも面白いし、ちょっとしたラブコメもある、ハリー・ポッターのパロディ(的なの)もあるし、他の映画のワードがちょいちょい出てきて、なりよりもオーウェン・ウィルソンって結構有名じゃね?

ただ、まぁ、前半は少しつまらないと思ったのも事実なんですけどね。本編でダンスクラブに行くシーンがあるんですけど、面白くなるのはそこからです!

 

 

感想・軽いネタバレ

 

 

いきなり総括すると、前半はイマイチ、後半は面白い!そんな映画。

 

主人公は腕時計を売り込むやり手のセールスマン。なのですが、映画が始まってすぐに会社が倒産したとの知らせが...。途方に暮れる2人ですが、ビリー(ヴィンス・ヴォーン)がニック(オーウェン・ウィルソン)を「Google」のインターンシップに誘い物語がスタート。

インターンでは数人でグループを作り、そのメンバーで数々のチャレンジをこなしていくことになります。最初は同じグループ内の若者たちはビリーとニックを邪魔者として扱いますが、徐々にグループ内で絆が芽生えていきます。その描写はベタではありますが、面白かったです。笑

果たして、ビリーとニックのチームはどうなっていくのか!

 

 

良かったところ

・随所に他の映画のパロディ的なのがあり、クスクスできたところ

コミュ力が大事ということが表現できている

Googleの自由さが表現できている

・キャラ立ちがしっかりできている

 

悪かったところ

・前半の盛り上がりがイマイチ

・全体的な構成、オチがベタ(良いところでもある)

Google感をもっと出して欲しかった

 

 

なんかYou Tubeの動画が載せれないので、載せれるようになったら載せようかと思います。→載せれるようになりました

 

 


『インターンシップ』2015.3.18 先行レンタル配信/4.3ブルーレイ&DVDリリース - YouTube

 

 

ヴィンス・ヴォーンはロスト・ワールド/ジュラシック・パークやMr.&Mrs. スミスなどに出演しています。

オーウェン・ウィルソンシャンハイ・ヌーンシリーズの印象が強いです。他にはアルマゲドンとかミッドナイト・イン・パリも有名ですね。

 

 

鑑賞:2015.12.04