読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぎぶそんの日記

メインは映画の感想記事。たまに日常のことをちょこちょこと。

2015.11.14 サンボマスター 3×ボ=15 ANNIVERSARY サンボマスターとキミ TOUR 2015@ZeppFukuoka

サンボマスター

サンボマスター

3×ボ=15 ANNIVERSARY サンボマスターとキミ TOUR 2015

ZeppFukuoka 11月14日

 

セットリスト

 

Opening Movie

ゲストアクト:おっぱいプリンプリン寺

01.キックの鬼

02.ふたり

03.だんだん

 VTR そのぬくもりに用がある

メインアクト:サンボマスター

01.ミラクルをキミとおこしたいんです

02.生きたがり

03.世界をかえさせておくれよ

04.私をライブに連れてって

05.光のロック

06.時間をとめるラブソング

07.生きて生きて

08.歌声よおこれ

09.浅草キッド~これっきり

10.ケイサツ来るまで踊りまくれ/Don't Look Back In Anger

11.孤独とランデブー

12.愛してる愛して欲しい

13.世界はそれを愛と呼ぶんだぜ

14.できっこないを やらなくちゃ

15.可能性

 

en1.人はそれを情熱と呼ぶ

en2.ロックンロール イズ ノット デッド

 

en3.うまくいくんだよきっと(カラオケ) 

 

 

【Opening Movie】

BTTFのメインテーマが流れ、デロリアンにメンバー3人が搭乗したアニメーションが映り、会場では笑いが起こる。そして、ナレーションが流れて2000年のサンボマスター改め「おっぱいプリンプリン寺」がゲストアクトを務めることを発表し、メンバーがステージ上に登場。

 

キックの鬼】【ふたり】【だんだん】

キックの鬼では1曲目から盛り上がりました!山口さん側の最前ブロックでは早速、モッシュサークルが発生しわちゃわちゃしてましたw

ふたりに入る前に山口さんの熱い言葉から楽曲へ。

山口さん「みんなのことを分かりあいたい。だんだんで良いんだ。だんだんって曲を聞いてくれ!」の言葉で楽曲へ。

 

【VTR そのぬくもりに用がある

ステージドラムセットの後ろにあるスクリーンに過去のライブ映像を繋ぎ合わせた「そのぬくもりに用がある」が流れる。最後の山口さんのセリフの部分が数公演分を繋ぎ合わせて、メンバーが暗転の中登場。

 

【ミラクルをキミとおこしたいんです】

ドラムに合わせて手拍子をする観客。気付いたら僕は山口さん側のモッシュサークルに飛び込んじゃいました。だって楽しそうだったんだもん(笑)

 

【生きたがり】

「ヒマラヤからアマゾンまで おはようからおやすみまで」の部分が好きっす

 

【世界をかえさせておくれよ】

女性ボーカル部分で山口さんのセリフが入ってたと思う

 

【私をライブに連れてって】

曲が終わって山口さんが木内さんに振って、木内さんが観客にオイオイコールを煽って

ラストの「私をライブに連れてって!」の部分を演奏

観客もノッて木内さんに対して数回オイオイコール→「私をライブに連れてって!」を繰り返して、山口さん「なんで木内人気なの!?(笑)こいつ千葉ロッテのファンだぜ?笑」

 

【光のロック】

本日の初ダイバー。すっごい盛り上がりでした!

 

【時間をとめるラブソング】【生きて生きて】

新アルバムから続けて2曲。これまた楽しくて盛り上がりました!

 

【歌声よおこれ】

この曲の歌詞が好きで好きで好きなんだなぁ。

前列の方で聞けてウルってきた。

 

浅草キッド~これっきり】

ビートたけしさんとの共演の話をしつつ、アコギでの演奏

これっきりは綺麗な音色で、山口さんの口笛を聞けてうれしかった。

 

【ケイサツ来るまで踊りまくれ/Don't Look Back In Anger】

木内さんが撃たれるアクシデント発生(笑)木内さん不在で曲が始まる。

ステージに警官がやってくるw

曲名通りにモッシュサークルができて、踊りまくる踊りまくる!!!最高でした(笑)

途中で木内さんが死に装束の格好で登場して、木内さんのハンドマイクでDon't Look Back In Anger(Oasisのカバー)をワンコーラスほど披露

山口「木内さんwコンセプトがブレブレなんすよw」 

 

【孤独とランデブー】

曲中に山口さんが(あの世の)木内さんに「なんか、観客が打算的なんです。『あー、まだあの曲を後でするから今は体力温存しておくか』みたいな奴がいるんです(笑)」と言って観客を煽る。

いや~、煽るが上手いなぁ。そこからまたヒートアップしました(笑)

 

【愛してる愛して欲しい】

曲の前に山口さん「みんなに愛して欲しい!愛して欲しい!愛して欲しい!愛してる愛して欲しい!!!!!」的な感じで曲へ。

アルバムを通して聞いたときに一目ぼれした曲です。

 

世界はそれを愛と呼ぶんだぜ

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

もう、イントロの時点で盛り上がりまくりました!

ダイバーもたくさん担いで上に上げちゃいました!

LOVE & PEACEは最強だ。

 

【できっこないを やらなくちゃ】

どこまでも盛り下がることを許さないセトリですw

「諦めないでどんなときも キミならできるんだ どんなことも」

熱い山口さんだから歌えて伝わるワードだな。

 

【可能性】

すっごいまっすぐな応援歌です。

ぜひ聞いてみてください。オススメっす。

 

----------encore---------- 

 

【人はそれを情熱と呼ぶ】

曲調がすごい好きな曲です。なんか超カッコいい。サビがお気に入り。

 

【ロックンロール イズ ノット デッド】

曲中、「死ぬんじゃぇぞ!勝手に死ぬな!泣いてんじゃねェ!笑え!また会いてぇんだ!」と観客に吠える姿を見て少し涙が出そうになったけど、我慢しました。

人生初のダイブをしました。なんか山口さんの熱いセリフを聞いてたら体が勝手に動いてて、ダイブしてしまった。周りの皆さんありがとう。山口さんありがとう。サンボマスターありがとう。あの景色は一生忘れることはできないな。

 

【うまくいくんだよきっと】

音源が流れて終わりの合図

山口さんがハンドマイクで「最後はカラオケしても良いですかー!?」と言ってカラオケしながらメンバー3人でファンサービスをたくさんしてくれました!

 

 

----------MC----------

 

おっぱいプリンプリン寺「2000年のサンボマスターは2015年のサンボマスターよりも上手く演奏するぜ!」

サンボマスター「2000年の彼らは技術面を前面に出しててなんかアレだねw」

 

 

 博多ってこともあって

ごーまさば!ごーまさば!と煽り、山口さん曰く「ごまさばロックフェスティバル」らしいです(笑)

ライブ中も「ごまさばでミラクル起こすぞ!」「ごまさばの力はこんなもんか!?」「ごまさばのDHAはこんなもんじゃねぇだろ!?」と何度も観客煽る

ごまさばを一生分叫びました(笑)

 

 

浅草キッド~これっきりのくだり

アコギを山口さんと近藤さんが持つ

山口「アコギを弾きます。...俺、ガチで近藤に言いたいことがあって、この前、ビートたけしさんと共演して、そのときもアコギを弾くことになって練習してたんですけど、隅っこで近藤もアコギをちょちょっと弾いてて、なんか上手いんですよ。んで、周りも『近藤の方が上手いんじゃね?』ってなって結局こいつが弾きましたからね(笑)俺そのこと根に持ってるからw」

そして近藤さんが浅草キッドのイントロを弾き始めて

山口「いやいや、俺、近藤の演奏じゃ歌わないよ、今日は歌わない。歌わ「お前と会った 仲見世の~♪」と歌い出す(笑)

歌い終わって近藤さん「なかなかノリノリで歌ってじゃんw」

山口「早くここまで(セトリの順番)来ないかなってワクワクしてた(笑)」

 

これっきりに入る前に

山口「言っておくけど、今日は指が3本折れてるからね(笑)」「そのときは口笛の方を聞いてw」

曲に入ろうと1音目を鳴らそうとして、いきなりミスして

山口「いきなり間違えたw今ので4本目が折れたw」

気を取り直してこれっきりの演奏をし、演奏中に山口さんと近藤さんのソロを披露

 

 

ケイサツ来るまで踊りまくれの前に孤独とランデブーのイントロが流れてそれに合わせて3人がChoo Choo TRAINの振り付けをする(笑)

そして突如に銃声が3発鳴って木内さんが撃たれて、ステージに倒れる

山口「ちょっと~、博多は危ないなぁ~。笑」

観客「後ろ!後ろ!(志村後ろ!後ろ!的なノリ)」

山口「(観客無視して)近藤さん大丈夫?」

近藤「大丈夫。隆は?」

山口「俺?これしながら(Choo Choo TRAIN)避けてたからw」

近藤「え!?あれって避けてたの?(笑)」

山口「お客さんは大丈夫?大丈夫ね?じゃあ曲に戻ろうか。木内、曲に戻r...木内!?木内!!!!」

観客「爆笑」

ここで火曜サスペンス劇場のOPが流れる(笑)

木内さんがスタッフによって運ばれる。

 

木内さんなしで警察来るまで踊りまくれを演奏し、そのあとで福岡警察署ソフトバンク課からトリプル3刑事がギターを持ってステージに来て、木内さんを撃った犯人の捜査を始めるコントスタート

 

木内さんが死に装束を着て登場して、メンバーとやりとりしつつ

Don't Look Back in Anger(Oasisのカバー)をワンコーラスほど演奏し、木内さんが歌う

 

演奏中にトリプル3刑事の前にお立ち台が出てきて、それに乗って刑事が演奏

曲が終わって、山口「なんでメンバーでもないのに立ってんだよ(笑)」

 

 

ふつうのMC

山口「福岡って美味しそうなお店がいっぱいでさ、どこに入ればいいか分かんなくて、結局、松屋に行った(笑)」

観客「えぇぇぇぇぇ!?」

山口「だからそのあとにごまさば食ったんだよ!」

 

山口「ホテルで傘を借りようと思って聞いたら、傘を貸してくれて、いざ開いたら片側の傘の骨が折れてて、雨が滝みたいになってて(笑)」

山口「んで、返す時に折れてることを言った方がいいなって思って『折れてました』って言ったら『折れるときもありますよね』って俺が折ったみたいになった(笑)」 

 

 

本編セトリ終盤で最前列の女の子にダイバーの足が当たったのを見て

山口「大丈夫か?ピックやるから許してやって?」

ピックを受け取って女の子がピースをする

山口「(ピースしながら)これしたぞ!ちょきじゃねぇぞ!ピースだぞ!」

 

 

アンコールが終わって捌けるときにメンバーがピックやスティック、サイン入りの丸板のようなものを投げて

山口「喧嘩すんなよ?じゃんけんな?じゃんけんな?」と観客に気遣う

 

 

----------------------

 

15周年ということもあり、初心者にも優しいセトリの構成で

終始熱い言葉を投げかけてくれて、すごく感動したライブでした。

MCで初のZepp Fukuokaなのに、来年の5月になくなることにも触れてくれて、個人的にもZepp Fukuokaのライブはサンボマスターで最後になる予定だから寂しさもありながら、サンボマスターが自分の中での最後の公演で嬉しかった。

最後の曲で「勝手に死ぬな!生きてくれ!一緒に生きてくれ!」って言ってくれたのもすごく嬉しかった。

人生初のダイブもできたし、完全燃焼できたライブでした。

多分、次にサンボマスターが福岡に来るときは、またチケットを取るんだろうなぁ。

ライブバンドって面白い。最高。幸せでした。

ごまさばロックフェス最高でした。

 

 

f:id:gibson_2200:20151119023910j:plain

(↑公式Twitterより)

 

 

 

 

曲順、MCなどは記憶を引っ張って書いたものなので、違う部分があるかもしれませんが、あしからず。