読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぎぶそんの日記

メインは映画の感想記事。たまに日常のことをちょこちょこと。

ASIAN KUNG-FU GENERATIONのニューアルバム 「Wonder Future」を聞いてみての感想

ASIAN KUNG−FU GENERATION

ASIAN KUNG-FU GENERATIONの2年8か月ぶりのアルバム「Wonder Future」が2015.05.27に発売されて、ライブに行くことも決まってるので、感想をちょちょいと。

 

フー・ファイターズのプライベートスタジオ「Studio 606」で全曲をレコーディング。そのためか音の抜け感が良い気がします。

僕は音響オタクじゃないので、詳しいことは分からないですし、持ってるイヤホンも安物ですが、音の鳴りが良い気がします。また、今回のアルバムは骨太な楽曲が多いので、それと相まって音響面では“聞かせる”音になってる(が鳴ってる)のではないでしょうか?それとも録音環境が違ったから骨太な音に聞こえるのか...

ASIAN KUNG-FU GENERATION presents NANO-MUGEN COMPILATION 2014

に収録されている「スタンダード」という楽曲が今回のアルバムに入るにあたって、LAで再録して「Wonder Future」に収録されています。明らかに音が違っていて、聞き比べると面白いです。

 

01.Easter/復活祭

シングル曲です。印象的な乾いたギター音、力強いドラム音がカッコいいですね。

シンプルな音と曲構成で、3分間聞かせます。

「何したっていいんだぜ」という投げやりな歌詞が音と合ってます。

てか、1曲目にシングルって珍しいね

 

02.Little Lennon/小さなレノン

タイトルと「さぁ イメージ イメージ イメージ」という歌詞からも分かるようにジョン・レノンの「イマジン」から影響を受けている曲ですね。

ギターのリフが心地よいです。1曲目と違い軽快なメロディです。

 

03.Winner and Loser/勝者と敗者

この曲の「伽藍堂とプレイランド」の韻の踏み方はアジカンらしいな。と思いますね。

この曲もドラムが良いですね。潔、頑張ってます。

「Are you Winner or Loser ?」と問われてますよ。どうでしょうかね。

サビのテンポが良い感じ

 

04.Caterpillar/芋虫

歌詞がシビアっすね。社会についてです。メッセージ性に関してはこの曲が1番持ってる気がします。

今回のアルバムでは一番直接的に訴えかけてます。 

 

05.Eternal Sunshine/永遠の陽光

中盤に配置されたこの曲はミディアムテンポですね。

こちらもテンポが良く心地よいです。

 

06.Planet of the Apes/猿の惑星

ドラマ『REPLAY & DESTROY』の主題歌です。

短い曲でサクッと聞けます。収まりが良いです。

 

07.Standard/スタンダード

再録したことにより、以前のものとは違うサウンドになってます。

特にイントロ部分の変化は僕はこちらが好きですね。

若干、アルバムの中では浮いてる気がします。ただ、この曲がないとアルバムが重くなりすぎるし...

うむむ

 

08.Wonder Future/ワンダーフューチャー

アルバムタイトルと同じ曲名だけど...

同じにしなかった方が良いんじゃね?と思った。

曲としては嫌いじゃないよ。メロディにも歌詞にも希望感があって好き。

 

09.Prisoner in a Frame/額の中の囚人

暗い感じで始まるけど、サビは明るくなる

歌詞にあるまんまには歌わないのがアジカンらしいかな。

 

10.Signal on the Street/街頭のシグナル

アジカンらしいと思った曲。

1:50あたりからのドラムが良い。ゴッチの歌い方も良い。

ラストの4行が効いてる

 

11.Opera Glasses/オペラグラス

ラストにこの曲って配置がいいなぁ。

今回のアルバムってポップさ、キャッチーさがないけど

この曲の存在のおかげで、ロックなだけのアルバムに終わらなくて聞きやすくなってる。

 

 

前半はGotch寄りの歌詞が多い(気がする)けど、後半はしっかりアジカンの持ち味が出てます。前述してるけど、ポップさキャッチーさはあまりないアルバムですね。それでも、よくよく聞きこんでると軽快さを感じることができます。

前作のアルバム、ランドマークよりロックで聞きごたえがあります。ランドマークで離れたファンにこそ聞いてほしい一枚かもしれません。

 

ゴッチには悪いけど、僕はアジカンに歌詞の内容をあまり求めていません。

歌詞カードを読みながら1回通して聞いてみたら、今のイメージより重く感じました。2回目、3回目は歌詞カードなしで聞くと良いアルバムだと思いました。

なんというか、韻や語感、リズム、そういうものを味わいたいバンドなので、そういう人にはオススメだと思うんですけどね。

誰かに怒られそうな発言っすね。

 

初めてアルバムの感想とか書いてみたけど、難しいな...

やっぱりファンだからさ、公平な感想を述べれないよね。笑

 

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

Wonder Future

Wonder Future