読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぎぶそんの日記

メインは映画の感想記事。たまに日常のことをちょこちょこと。

麦子さんと

【タイトル】麦子さんと     日2013

【監督】吉田恵輔

【出演】堀北真希松田龍平

【内容】声優を目指す麦子(堀北真希)とその兄・憲男(松田龍平)が暮らす家に、昔2人を捨てた母・彩子(余貴美子)がやってくる。彩子と打ち解けることができない麦子は冷たく接するが、彩子はガンを患っており亡くなってしまう。麦子は納骨のために彩子の故郷を訪れ、そこで母のがどんな人だったのか、どんな人生を歩んでいったのかをしることになる。

【キャッチコピー】「大キライだったけど、お母さん、ありがとう」

 

 

 

感想・軽いネタバレ

 

久しぶりの堀北真希映画でした。

あんまり映画映えしない女優だなぁと思っています。なんというか色気がないというか。魅力を感じない。ファンの方すみません。

嫌いじゃないんだけどね。むしろ好きなんだけど。なんかね。

盛り上がりがある映画ではなかったです。

もはや記憶がほわーっとしてます。

 

あまり母の記憶のない麦子の家に転がり込んでくる母に対して麦子は打ち解けることができずに母の言動にイライラしてくるんですね。

部屋にあった大切なものを処分されたり、朝目覚ましをかけるくせに起きなかったり、麦子宛の郵便物を勝手に開けられたり。

ただ、そんな麦子も母のためにトンカツを作ります。麦子が母にトンカツは好きかどうかを尋ねます。母は最近脂っこいものはちょっと.....と言うのですが、麦子が作ったトンカツを見つけて無理して食べるんですね。ただ、ガンに体を侵されているせいか嘔吐してしまうのです。

話は進み母・彩子は死んでしまいます。作中で彩子のことをババァと常に言う兄は、火葬場で嗚咽を漏らします。松田龍平のいつものキャラで軽い感じの役柄なのですが、その涙に少しもらい泣きしちゃいました。

ここから納骨のために訪れた母の故郷でミチル(麻生祐未)と会い、話をするうちに麦子の中で変化が起こっていきます。

 

ベタですね~

なんかあらすじばかりを書いてしまった。

いけない、いけない。

 

なーんか印象に残らない映画だったなぁという。

面白くないって言ってしまえば簡単なんですけどね。

 

まぁ子供からしたらそうでもないのかもしれませんが、

親からしたら、どんなに離れていても、あまり会ってなかったとしても「母」なんでしょうね。

そう思わせてくれた映画でした。

 

 

監督の古田さんは「馬車馬さんとビッグマウス」「銀の匙 Silver Spoon」などを作ってるんですが、正直どちらも見たのですが、あまりピンと来なかったです。

堀北真希は「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズが有名ですね。好きです。

松田龍平は「まほろ」シリーズ、「探偵はBARにいる」シリーズ、「船を編む」など。好きな俳優さんです。

 

 

 


映画『麦子さんと』予告編 - YouTube

 

 

 

視聴:2015.04.15