読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぎぶそんの日記

メインは映画の感想記事。たまに日常のことをちょこちょこと。

2013.09.15 ASIAN KUNG-FU GENERATION オールスター感謝祭@横浜スタジアム

ASIAN KUNG-FU GENERATION
デビュー10周年記念ライブ
2013.09.15 Sun
 
第一部
01.All right part2
04.AとZ
05.新世紀のラブソング
06.ナイトダイビング
07.ラストダンスは悲しみを乗せて
08.1980
 
10.Killer Tune
 
(with Matt Sharp)
11.Getting By
12.only in dreams
 
(with 細美武士)
14.遥か彼方
 
15.Loser
16.マーチングバン
17.踵で愛を打ち鳴らせ
18.今を生きて
 
 
第二部
(Acoustic ver.)
19.ひかり
20.夜を越えて
 
22.嘘とワンダーランド(健山潔ダイ)
23.迷子犬と雨のビート
24.架空生物のブルース
25.さよならロストジェネレーション
 
26.センスレス
27.惑星
29.リライト
30.君という花
 
 
en1.スローダウン
en2.アネモネの咲く春に
 
【All right part2】
ゴッチが音楽、rockに乗せて
言いたいことはただ1つ
「all right」
大丈夫だということで
言葉遊びで曲を作ったとのこと
 
7人編成の今日のライブ
一曲目はこれ!
コンピの中でもアルバムでも一曲目で
立ち位置が素晴らしい曲
 
個人的にあ行が一番好き。
 
ドラムとギターの組合わさり方が大好きな一曲
そこにゴッチの声
 
サビ前のドラムが秀逸
PVを真面目に見て泣いたこともある(笑
 
ドラム曲だよねー
どの曲のドラムが好き?っていう
質問があるのなら
必ずこの曲を挙げると思う
それぐらいイントロのドラムはヤバい
初めて聞いたときに閃光が走った
歌詞も凄く良いんだよね。流石シングルだなーと。
 
今回はゴッチと健さんの
掛け合いが聞けたぜ\(^^)/
 
【AとZ】
演奏率高め
最初は興味なかったけど
ライブ映えする曲
 
バックスクリーン
アルファベットが浮かんでは
消えるという演出
 
7人編成だと
イントロのパーカッションの音がリアルで好き。
 
イントロのドラムは凄まじいね
ドラム上のカメラ映像が流れて
潔の手元がカッコよく映る
 
【新世紀のラブソング】
この流れはツアーと同じ
 
ゴッチが歌いながら
手で何かを表現してて
それを見ながら聞くのは良い。
 
「何もなかったように」
のところでコーラスが入る
ライブアレンジがお気に入り
 
踊りたくなる曲
 
【ナイトダイビング】
ツアーセトリと被るかなー
とか思ってるところに
この曲キター\(^^)/
 
健さんコーラス全快!
なんか久しぶり聞いた曲だった
 
ゴッチが歌って
その裏でのコーラスがカッコいい曲
 
【ラストダンスは悲しみを乗せて】
これまた7人編成のパーカッションが生きる曲
 
「右も左も逆さまになるほど 青い果実の その青さも
悲しみよ ここに集まれ 君だけに罪はないみたい
踊るしかないや 夜明けまで ここで燃やす他ないみたい」
 
【1980】
これまたツアーと同じ流れ
イントロのギターのギザギザ感
後ろから迫り来るドラムの音が会場に鳴り響く
 
 
ゲスト一発目!
ホリエさんカッコ良すぎ
ゴッチの声とは違う
澄んだ声の無限グライダー
 
途中のゴッチとの掛け合い
レアすぎるだろ(笑)
 
しかも無限グライダー自体があんまり演奏されないし
 
これ聞けただけで幸せ
 
【Killer Tune】
そしてテナーの楽曲
ゴッチが英語の歌詞を長々歌うのは
あんまり見たことないから新鮮。というか違和感
テナーの楽曲かっこいいなー
レンタルしてこよう(笑)
 
【Getting By】
マット・シャープさん登場
案外カッコいいな
ナノムゲンにも来たことある方で
ゴッチが崇拝してるみたい(笑)
 
【Only In Dreams】
 その中でも一番好きな歌らしいのが
この曲
自分のレーベルの名前にもしてるしね
ミドルアッパーな感じでノリやすかった
 
細見さん!!かっこいい!!
ゴッチよりカリスマ性があった(笑)
 
エルレ活動再開しねーかなー
 
ハイエイタスのCD借りよーっと(笑)
 
【遥か彼方】
うん。
アジカンとは違う表面が見れた
 
そして細見さんはハンドマイクを手にステージを走る!
昨日、会場の大きな拍手が
起こらなきゃゴッチはしなかったのに
 
細見さんはあっさりと
しかも似合う(笑)
 
ゴッチとの掛け合いで
歌う細見ver遥か彼方はヤバかった
 
 
【Loser】
そしてこの曲
ゴッチがハンドマイクを
持ってステージを闊歩しながら歌う
この曲はこの曲でカッコいいし
 
ゴッチの気持ちが和訳した歌詞に詰まってる
 
【マーチングバンド】
最初はスローな感じで
けど、サビではrockに!
 
「悲しくなったり 切なくなったり ため息吐いたり 惨めになったり
いつかは失う命を想ったり それでも僕らは息をしよう」
 
【踵で愛を打ち鳴らせ】
音楽は誰のためにでも存在して
自由であると思う
ゴッチがそう言って
この曲へ
 
歌うこと、踊ることが
幸せで
 
誰にもそれは邪魔できない
 
「冴えないあの子を連れ出して」
 
音楽は誰かを動かせる
世界は動かせなくても
世界を動かせる人を動かせる
 
【今を生きて】
リズムを取りながら歌いたくなる
そんな曲
いぇー!いぇー!
を一生懸命歌った\(^^)/
 
 
第二部
 
 
【ひかり】
アコースティックソロ
日が沈んだスタジアムに映える
一番聞きたかった曲
んでもって、一番好きというか
考えさせられる曲
 
ゴッチが震災から感じたことを書き留めた詞
音楽なんて不謹慎だと言われる中で書きたいと思い
書いてよかったと思ってる曲
 
バンドサウンドじゃないけど
アコースティックで大事に歌ってた
 
「君の小さな指も 彼には光のようだったよ」
 
「彼と繋ぎあった手も 彼女にはひかりのようだったろう」
 
「僕らは生きていくんだよ」
 
【夜を越えて】
続いてこの曲
バンドサウンドだと
ジャキジャキ鳴るギターの音が印象的
イントロで引き込まれる
 
「胸の想いが少し光って 星のない夜を温めた
途切れそうな細いロープを手繰って
闇と瓦礫を掻き分けて 辿り着いたんだ」
 
暗い夜に鳴らされるに相応しい
と想いながら聞いた
 
「ひかり」「夜を越えて」
を聞きながら涙ぐんでしまった
震災はまだ終わってないんだな
遠い場所で起こったけど
同じ日本なんだな
何もできないからと言って
考えないことはいけないんだな。と
 
「音楽はあまりに無力なんて 常套句に酔っても」
から始まるこの曲
好きです
 
シークレットゲスト
カホンを鳴らしながら
二人でセッション
小雨が降り始めて
それが演出に一役買って凄い良かった
 
幻想的でした
 
ゴッチが好きだと言う曲
わかるなー
 
【嘘とワンダーランド】
メインステージにゴッチを除くメンバー+金澤ダイスケ
 
ダイちゃんのキーボードで
アレンジが入ってるのは新鮮で
聞けて良かった
 
前回ツアーとは一味違う
 
健さんの声好きだな
アジカンのコーラスは健さん以外
考えられないってくらい
ゴッチに合ってる
 
【迷子犬と雨のビート】
多分、ダイちゃんがサポートして
マジックディスクの音は完成
素晴らしかった
 
ノリながら歌いたくなる
演奏したくなる楽曲
ベストツアーで聞いて
かなりの頻度で聞くようになった(笑)
 
【架空生物のブルース】
久しぶりに聞いた(笑)
イントロが落ち着いてて
しっとりした曲
 
ダイちゃんのキーボードが、映える、光る
 
雰囲気に酔いそうなぐらい
スタジアムにマッチ
 
【さよならロストジェネレーション】
サビが凄く良い
アコースティックステージの
あとだからか
 
「暗いねって切なくなって」
からの歌詞が響いた
 
【センスレス】
イントロかっちょえー!!
バックスクリーンに
「キミノツイタタメイキヲ
バイカイニシテ
キミノキモチ ボクラニトドク」
の文字が流れる
かっちょえー!!
 
間奏のギターがカッコいいし
こういう曲調にはゴッチの声が合う
 
転調してアッパーになって
会場がぴょんぴょん!笑
テンション再燃!笑
 
【惑星】
イントロで惑星だ!!
ってなってテンション上がった
 
「天気は予報の言うとおり」
言うとおりじゃなくて
晴れて良かった(笑)
 
ノリノリな曲
 
しかもアレンジがカッコよかった
間奏のやつね
 
江ノ島エスカー】
健さんがやりたいらしくて(笑)
 
初めてLIVEで聞いたけど、好きになった(笑)
 
歌詞を読んで聞くと楽しくなる曲
 
 そしてコーラス!
やっぱり江の電を網羅したいよね
アジカンファンとしては
 
【リライト】
イントロが鳴らされた瞬間の会場の揺れ方というか沸き方が凄い!
 
間奏のところでゴッチがギターを置いて客席に向かって
ピックを沢山投げてプレゼントしてた羨ましい(笑)
 
けど、やっぱりカッコいい曲
 
【君という花】
ラストはこの曲
バックスクリーンにPVが流れる
そして恒例の「らっせー らっせー」
幸せすぎて死にそう(笑)
 
 
【スローダウン】
新曲。
ギターの心地よいリズムから
入る曲調で初日の新曲とは
一変するミドルテンポ
イントロのギターが印象的
 
なんか日常だとか
普通のことだとか
そんなことを言いたいのかな
って感じの曲調と歌詞
 
「道に咲いた 一輪の花 そっと摘み取って 何気ない日に 捧ぐ」
 
「君がいた あの日のまま そっと手をとって もう一度 スローダウン」
 
アネモネの咲く春に】
ひとつのフレーズを
拝啓から始まり、敬具で終わる
 
「too late 赤い花は枯れてしまった」
 
ゴッチは遅すぎたって
歌い
遅くないと言いたいのかな
 
どうなんだろ。
 
「君はずっと幸せだった?」
ずっとって難しいよな。
 
うむ。
 
 
 
アンコールが終わり
 
アネモネの咲く春に
最後の
「君は今日幸せだった?」
に全力で応えるための
会場の拍手に包まれて
2日間のアニバーサリーが終了
 
 
最高でした
いや、ほんと。
 
MC
ゴ:こんばんは。ASIAN KUNG-FU GENERATIONです。
今日は来てくれてありがとう。
台風予報だったけど、晴れてよかった!
普段ライブでグチグチと厭味を言ったり、けんさんの普段の行いが悪いから台風とか来ちゃうのかと思ったけど(笑)…どうにか天気が持ってよかったです。
昨日は4人だったんだけど、今日はサポートメンバー入れて7人なので、メンバー紹介します。
コーラス、岩崎愛
ギター&キーボード、上田禎
パーカッション、原重夫。
今回は二部構成になってます!
好きなように楽しんで良いので、最後まで楽しんでいって下さい。
ラストダンスは悲しみを乗せて。

MC
ゴ:今日は感謝祭ということで、我々が使えるコネクションを最大限に使ってゲストを呼びました。
早速一人目を呼びたいと思います!
オシャレイテナーのホリエアツシー!!
堀:10周年、おめでとうございます。笑。
ゴ:ありがとう。
堀:みんな…俺が一番予想できたでしょ?笑。あいつ暇そうだし、来るっしょみたいな?笑。
ゴ:いやいやいやー。笑。
堀:出演は決まってたんだけど、俺何やるんだろうって思って、三日ぐらい前に連絡したらこれやりますよーってなって…笑。
ゴ:そう、手違いでなんか連絡行ってなかったみたいで…
堀:今日は、俺が一番大好きな曲の無限グライダーをやりたいと思います!!
会場:おーーーー!!
ゴ:ありがとう。そうそう。ホリエくん、これがオハコでね。カラオケとかでもよく歌ってくれているんだけど…オハコって十八番って書いてオハコね。笑。
だから、カラオケを真ん中に置いて、歌ってもらおうかとも思ったんだけど、折角なので、我々の演奏の元、歌っていただきます!!曲紹介しちゃっていいよ。
堀:無限グライダー


ゴ:ありがとう!
オハコだけあって、すごい滑らかに入ったよね。
DVDとかみている人は知っているかもだけど、あの曲は入りが難しくて、俺もかなり残念な感じになってるんだけど…笑。
それを八重歯をキラーンとさせてさらーっと歌いだして…すごいよね。笑。
そして次ははるばる海を越えて来て下さいました…
私のギターにもステッカーが貼ってあります、元Weezer、現The rentalsのマットシャープです!!

会場:いえー!!

ゴ:それでは、一言お願いします。

マ:10周年おめでとう。日差しが強いところから来ているので、夜だけどサングラスをしているのは勘弁してください。笑。
来日して、友人と話をしました。
その友人は成功するにはどうしたら良いかを問いかけました。
僕は成功することはお金持ちになることや、おっきな家があることや、高級車を乗ることではないと思います。
成功することは、どれだけたくさんの人を幸せ(JOY)にするかということにあると思います。
僕は7年前にASIAN KUNG-FU GENERATIONに出会って、ナノムゲンフェスにも出演して、たくさんの幸せをもらいました。
そしてここにいる会場の皆さんも同じだと思います。
だから、今日は皆さんとこのお祝いに相応しいような幸せになるような曲をやりたいと思います。

ゴ:Thank you Mat.
みなさん、よかったらマットの合図でグァバグァバイエーって言って下さい。
(けんちゃんが小声で訂正)
ゴ:すみません。けんちゃんからの訂正が入りました。笑。
グァバは三回で…グァバグァバグァバイェーって言って下さい。

会場:グァバグァバグァバイェー!


ゴ:one more song.もう一曲やります。
Weezerの中でも一番大好きで、自分が作ったレーベルの名前にもしているonly in dreamsという曲なんだけど…
この曲をこのギターで弾くことに一つの目標…じゃないけど思いがあって…
今日こうして、このギターでこの曲をマットと一緒に出来ることをすごくうれしく思います。ありがとう。

only in dreams


ゴ:最後にもう一度、マットに拍手!!
会場:おっきな拍手。

ゴ:途中…間違えちゃった…。。
自分の曲でもやっちゃうので…笑。
別に、歌詞を覚えてないとかわかんないとかそういうことではないよ?
数曲のためにわざわざ来てくれて…本当にうれしいです。
ナノムゲンというフェスをやっていて…
何がしたいのかわかんないとかって言われながらも海外のバンドを呼んで続けてきて…色んなバンドが出てくれて…
Weezerが出てくれた時、袖でマットと二人でWeezerみたりして…
こうして自分が好きだったバンドの人と一緒に音楽が出来て、やってて良かったなって思いました。
これもみんなのおかげです。ありがとう。

もう一人、ゲストを呼びます!
細美武士ー!!

細:10周年おめでとーー!!
ゴ:細美くんは、俺、お兄ちゃんいないんだけど、ひそかにお兄ちゃんみたいだって思っていて…
細:えー。俺はね。自分がすけさんかくさんのすけさんだと思ってるよ。
ゴ:じゃぁ俺、かくさん?
細:かくさんはほりえくん。笑。ゴッチはこうもん。
ゴ:こうもんってがらじゃ…
っていうかあまりに慣れてるからあれだけどさ。 こうもんさまってすごいよね。
細:え?黄門さまは黄門さまでしょ?笑。
ゴ:いや…読み方の問題で…
細:肛門?ゴッチ、俺に気ぃ使ってくれてんの?
アヌスとかって言った方が良い?笑。
ゴ:これは映像化出来ないな…
細:いやー大丈夫っしょー!wowowさんはそんなビビりじゃねーよ?笑。
ゴ:じゃあやろっかー。


ゴ:ありがとう!
スターだったよね。細美くん。笑。
すごいよねー。似合ってたもんなぁ。笑。
前方で走ってコールがあったのかな?

ゴ:ちょっと分かったから…
あの二人とは、デビューするより前とかからの付き合いで、
そんなにしょっちゅう会うわけじゃないんだけど…
人間としてどうなのーとかって思うことはあるけど、音楽ではそんなことなくって。笑。
たまに会っても通じ合ってるっていうか…
だから今日来てくれて本当に嬉しかったです。ありがとう!!

ゆっくりと左側へ歩くゴッチ。
ギターとボンゴの音に合わせて踊りだす。
そう。このイントロはLoser!!


MC
ゴ:ありがとう。
俺ね。音楽ってあぁいうさっきみたいなダンスのようなのを言うと思うんだよね。
踊りだしたくなるっていうか…
音に合わせて自然と体が動くみたいなさ。
どっちかっていうと、昔はダンスなんて習ったこともなかったし、全然離れたところにいたんだけどさ。
それでも、音楽に合わせて踊ってて。
だから…なんていうか、音楽に合わせて自由に踊ったり歌ったりしてさ。
それを誰かが馬鹿にしたりするわけでもない、そんな空間に出来たらいいなっていうか…それが音楽なんだと思うんだよね。
何かの番組で見たんだけどさ。
宮崎駿監督がさ。
『この世は生きるに値する』
って言ってたんだよね。
あのおじさん、すごいなぁって思ったんだよね。笑。
俺にとっては音楽とダンスは生きるエネルギーです。
そういう風な気持ちで書いた曲です。
だから自由に踊って下さい。
踵で愛を打ち鳴らせ。



第二部

MC
ゴ:うわー。すごい人だなぁ。
チケット代同じなのに、この辺の人損だって思うでしょ?笑。
だから、何曲かここでやりたいと思います。
昨日はファン投票の曲をやったんだけど…
俺は入れてねぇよとかって人もいるかもしんないけど、
入れる人はちゃんと真面目に考えて入れてね?笑。
その投票結果で順位は比較的高かったんだけど、バンドセットには向いていない曲なので…
"ひかり"という曲です。


ゴ:今度はこっち向いて歌おうかな…(スタンディングの方を向く)
この曲(ひかり)は、震災が起こって書いた曲で…
またサブイこと言ってるおっさんって思われるかもしんないんだけどさ。
当時、音楽なんて不謹慎だみたいな感じで音楽が出来なくて…
コンビニとかに行って沖縄のカップメンしか売ってないのに、おじさんは3Lの菊正宗を2本とか買ってて。
え?それ震災と関係なくない?とかって思ったりして…
震災があって。それは終わってもないし、まだ始まってもいない。
ペンを持って、その時の思いを書いて、こうして曲にして残しておいてよかったって今は思います。
この曲を聴く度に当時のことや感情を思い出すからね。
だから、この曲を上位に選んでくれて、嬉しかったです。
ありがとう。
…夜を越えて



MC
ゴ:(位置を戻して…)
ここで、シークレットゲストを呼びたいと思います!!
ナカヤマシンペイ!!

ナ:10周年、おめでとうございます。
Twitterで俺も出たい!って言ったらゴッチが用意しとくからってリプくれて、俺もスタジアムに立てる!!って思ったらここでした。笑。
ゴ:いやゆってもここピッチャーマウンドだよ?
楽屋とかでどっちかというと友達出来ないで一人でいる組じゃん?
シンペイ君もそうでしょ?笑。
ナ:そうだね。笑。
ゴ:俺とシンペイ君と、木下理樹といえば下北沢でやってたころの暗い三人じゃん?
そのうちの二人が横浜スタジアムのピッチャーマウンドの上にいるんだよ?笑。
何か勇気づけられる人もいるんじゃない?笑。
一緒に一曲やりたいと思います。


け:小休憩なので、適当に過ごして下さい。笑。
…カッパとか今着ちゃって大丈夫だからね?
どうですか?皆さん楽しんでますか?
山ちゃんどうよ?
や:みなさん、ありがとうございます。
け:きよしはどうよ?
き:いやぁそうですね。ホント、皆さん、たくさん買っていただいてありがとうございます。
おかげさまで、ほとんどソールドアウトしたみたいで…。笑。
け:そうだよね。ありがとうございます!
ここで、もう一方ゲストを呼びたいと思います!
我々とマジックディスクのツアーを一緒に回ってくれました…
フジファブリックより金澤ダイスケー!!
ダ:10周年おめでとうございまーす。
これ恥ずかしいですね。笑。(大画面に映って白い文字で名前が出ていたことに対して)
け:それでは…4人で一曲やろうと思います。


MC
ゴ:待って待ってジェラシー、ジェラシーだわ。笑。なんかさ、スタジアムの周りに野良犬が集まってた。笑
おしーえてー(裏声)に誘われたみたい…笑。何話してたの?
け:当たり障りのない話。笑
ゴ:ダイちゃんの紹介ちゃんとした?
け:ちゃんとしたよー。
ゴ:ダイちゃんは…マジックディスクのツアーで最後までは出来なかったんだけど…桜島にツアーで泊まってた時、お風呂であって何かドキッとしました。笑。
俺さ…基本的に他の三人と合わないんだよね。
生活リズム的に、夜寝て朝早く起きて美術館とか博物館とか行きたい人だからさ。笑。
他の三人は昼ごろ起きて今日どうするー?ってなって…映画でも見るかーって。
しかもダイハード5だったかな。
ダイハードかよって感じだったんだけどね。笑。
ホント、全然合わないんだよね。
だけど音楽だけはこの三人と合ってたから続けられたんだけどね。
そんな俺に付き合ってくれたのがダイちゃんでした。
本当にありがとう!
今日はツアーが途中で中止になってしまったこともあるので、少し長めにダイちゃんと何曲かやりたいと思います。
迷子犬と雨のビート。


MC
ゴ:ありがとう。
音楽ってさ。拒絶されることってなくて…
なんだろ。上手く伝えられないんだけど…
お前だけ仲間外れとか聞いちゃダメってことはないじゃない。
物理的に音楽が聞けない人とかいるけど…
それも文明の進歩でもしかしたら治るかもしれなくて…
だから、音楽はいつも傍にあるんだよね。
見つけてくれてありがとう。
こうしてここで出来て、皆に聞いてもらえて…
それが俺らにとってのエネルギーです。
久しぶりの曲をやります。
架空生物のブルース。


MC
ゴ:ありがとう。
本当に、今日はありがとう。
山ちゃんさ、けんちゃんに最初無視されててさ。笑。
それは知ってたんだけど…俺、けんちゃんにストーカーされててさ。
あの"おしーえてー"(裏声)の声でバンドやろうって言われて、やることになったんだけど。
山ちゃんを連れて来たの、俺なんだよね。
だってさ、見るからに良いやつそうじゃん!!
実際、本当に良いやつでさ。当時の俺は間違ってなかったなぁって思うんだよね。
それで、山ちゃんがいつも大丈夫って言ってくれてたから続けてこれたっていうか…
昔けんちゃんと喧嘩した時に、
けんちゃんがアジカンなんて最低だって言ったんだよね。
それに俺怒って山ちゃんに電話したんだよね。
そしたら山ちゃんはきっとその場の勢いで言っちゃっただけで本心じゃないよって言ってくれてさ。
きっと俺もあの時ヒドイことをけんさんに言ってたんだと思うんだけどね…
何であんなこと言ったの?笑。
け:いや。ゴッチが何を言ったら一番痛いのかを考えてたら…笑。
ゴ:潔に関しては割愛するけど…笑。
音楽的な面では本当に支えてもらったと思います。
この三人のメンバーと出来て本当に良かった。ありがとう。
メンバーだけじゃなくて昨日来てくれてたり、
今日もどっかで見てくれている友達にも本当に感謝してます。
最初、アジカンが結成する前にメンバーだった人がいるんだけど…
思うところがあって、アジカンからはいなくなってしまったけど…
今、future timesを一緒に作っていて…
未来を考えようって言って…
こういう形で一緒に仕事が出来て本当に嬉しく思います。ありがとう。
売れる前に俺の才能を認めてくれた人が三人いて…
絶対売れるって言ってくれたんだけど…
その三人のうちの一人です。
その三人の顔と名前は死ぬまで絶対忘れません。
そして、少しずつ少しずつ色んな人が俺らの音楽を見つけてくれて、
本当にありがとう。
うちのリーダーけんちゃんがどうしてもやりたいって曲があるのでやります。
江ノ島エスカー。


MC
ゴ:ありがとう。次は新曲やります。
カードみたいのもらったと思うんだけど、
明日からダウンロード出来るのでして聞いて下さい。
我々からの細やかながら、皆さんへプレゼントです。